四国で人気の梅の名所を挙げると、以下の3つになります。 ・美郷の梅 ・阿川梅の里 ・七折梅園 徳島県吉野川市の美郷の梅は、1万6000本の梅の木が植えられている四国を代表する梅の名所です。 2月下旬〜3月中旬が最も綺麗に咲く時期で、シーズン中は(子どもや動物は特に撮るのが難しいといわれています)コンテストなど色々なイベントが開催されるのです。 徳島県神山町にある阿川梅の里は、県内一番大きな梅の名所として親しまれています。 30万平方メートルの敷地内には、鶯宿梅や南高梅など、約1万6000本の梅が植えられており、3月中旬になると一面ピンク色に染まって壮観です。 のんびりした雰囲気の場所なので、散策がてら訪れてみてはいかがでしょうか。 愛媛県砥部町に存在している七折梅園は、青軸や鶯宿、七折小梅、月世界、古城といった約1万6000本の梅の木が植えられている梅の名所です。 2月下旬〜3月上旬に見頃を迎え、その時期には梅まつりも開催されるのです。 梅まつりでは、梅を使用した食品の販売も行われ、各地から大勢の方が訪れていますー